Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。

動物

動物は資源の変換を行ってくれる存在。
肉や卵の食用は食材
お名前画像情報inout96マス厩舎当たりの
過密にならない最大数
質量生存可能
快適温度
ハッチハッチは固形の石炭を排泄します。埋もれた物体を掘り起こすことで現れることがあります。
日中は自然タイルに潜伏する
固体石炭
50%
12匹400kg-30〜70℃
10〜21℃
モーブモーブは死体の腐敗した組織に引き寄せられ、汚染酸素を頻繁に排出します。
野営トイレを清掃しないで放置すると湧くようになる。出る汚染酸素は体温と同じ
なし汚染酸素
15kg/サイクル
無限25kg10〜57℃
20〜37℃
シャイン バグシャイン バグは仲間を引き寄せることを期待して柔らかい光を放ちます。浮遊なしなし12匹50kg-20〜50℃
-10〜40℃
パフパフはおとなしい種族で、ヘドロ塊から排出される病原菌を吸い込んで除去します。浮遊汚染酸素
30kg/サイクル
ヘドロ
50%
16匹50kg-30〜70℃
29〜45℃
スリックスタースリックスターは二酸化炭素を消費し原油を排泄するねばねばした生物です。浮遊二酸化炭素
20kg/サイクル
原油
50%
12匹400kg35〜160℃
任意温度
ドレコ壁を登ることが出来る。ミールウッド
ピンチャペッパー
バームリー
2kg/サイクル
リン鉱石
500%消化(50%の間違い?)
12匹200kg15〜110
35〜90℃
パクー液体の中でくらす。緑藻汚染土8匹200kg0〜60
-20〜80℃
gassy moo通常マップにはおらず、宇宙から連れてくることで飼育可能に。gas gassy
2kg/s
天然ガス50%6匹50kg-150〜150
-200~200℃
固体を食べて、50%の石炭に変換する。(アップデート前までは100%変換)
石炭は食べない。
あまり頻繁に食べるわけではないが、牧場でまとめて飼育すれば石炭発電機を永遠に回すには十分な石炭が取れる。
過密状態にすると生産速度が1/5になる。

昼間は資源タイルに潜伏し、夜に活動するが、人工タイルのみにしておくと潜伏できないため昼間も活動してくれる。

倒すと3200kcal分の肉を落とす。

石炭発電を長期間運用するための大切なパートナー。
初期エリアの各所に埋まっており、丁寧に集めると7〜8体になる。
どんなに高いところから落下しても死なないので、下に下にと集めていくと運用が楽かな。
粘土など、用途のないものをどんどん食べさせたい。

活用方法と自動化

大量に余る資源(土や肥料など)を食べさせて石炭に変換する。
「輸送」の自動掃除機と組み合わせれば、勝手に石炭発電機に石炭を投入してくれる。

変種

種類産卵(初期確立)上昇条件装飾値(範囲)食糧(1サイクルあたり)排泄寿命
ハッチハッチ(96%)なし+10(1タイル)堆積岩/土/砂/砂岩/粘土/破砕岩(140kg)、ミールライス(1.2kg)、マッシュバー/ムックルート(0.9kg)
マッシュフライ(0.7kg)、フロストバンズ(0.6kg)、肉/ブリッスルベリー/ピクルス/ライスローフ/グリルベリー(0.4kg)
キノコ/焼きキノコ/オムレツ(0.3kg)、ドロドロベリー/ベリーの香草焼き/ペッパーブレッド/BBQ(0.2kg)
石炭(食糧の50%)100サイクル
いしころハッチ(2%)堆積岩
もさもさハッチ(2%)
いしころハッチいしころハッチ(66%)堆積岩+10(1タイル)堆積岩/火成岩/黒曜石/花崗岩/銅鉱石/金アマルガム/鉄鉱石/鉄マンガン重石(140kg)石炭(食糧の50%)100サイクル
ハッチ(32%)なし
つるつるハッチ(2%)金属原石
もさもさハッチハッチ(33%なし+10(1タイル)土/緑藻/ヘドロ/肥料/汚染土(140kg)、ミールライス(1.2kg)、マッシュバー/ムックルート(0.9kg)
マッシュフライ(0.7kg)、フロストバンズ(0.6kg)、肉/ブリッスルベリー/ピクルス/ライスローフ/グリルベリー(0.4kg)
キノコ/焼きキノコ/オムレツ(0.3kg)、ドロドロベリー/ベリーの香草焼き/ペッパーブレッド/BBQ(0.2kg)
石炭(食糧の50%)100サイクル
もさもさハッチ(67%)
つるつるハッチハッチ(11%)なし+10(1タイル)銅鉱石/金アマルガム/鉄鉱石/鉄マンガン重石(100kg)銅/金/鉄/タングステン
(食糧の75%)
100サイクル
いしころハッチ(22%)堆積岩
つるつるハッチ(67%)金属原石


SmoothHatchは、金属原石しか食べないが、精製金属を排出してくれる。

汚染酸素をヘドロに変換する。

変種

塩素や酸素を固形化するのは貴重な性質だが、何か活用できるものなのだろうか。
名前食性排出物
パフ汚染酸素ヘドロ
PuftPrince汚染酸素ヘドロ
SqueakyPuft塩素漂白石
DensePuft酸素オキシライト

汚染酸素を出し続ける。
懐柔できないし、変種もいない。
出された汚染酸素を脱臭することで砂から酸素を生成する役割を果たせること以外には、別になにもない。

二酸化炭素を原油に変える素晴らしい動物。
下へ下へと移動する性質があるような気がする。

変種

種類産卵(初期確立)上昇条件装飾値(範囲)食糧(1サイクルあたり)排泄寿命
スリックスタースリックスター(96%)なし+15(2タイル)二酸化炭素20kg原油(食糧の50%)100サイクル
とろけるスリックスター体温100〜250℃
ふさふさスリックスター体温20〜60℃
とろけるスリックスタースリックスターなし+15(2タイル)二酸化炭素20kg石油(食糧の50%)100サイクル
とろけるスリックスター体温100〜250℃
ふさふさスリックスター体温20〜60℃
ふさふさスリックスタースリックスターなし+50(7タイル)酸素20kgN/A150サイクル
とろけるスリックスター体温100〜250℃
ふさふさスリックスター体温20〜60℃

発熱無しの光源なのでブロッサムベリーの農場に常駐させておきたいところだが、最新版ではAge(寿命)が設定されてしまい、25サイクルで消滅するようになってしまった。
世話をしていれば卵を産んでから寿命を迎えるので、世代交代しつつ断続的な光源にはなってくれる。
バリエーションがとても豊富。基本的には装飾値が高かったりするだけで大きな変化はない。
画像と図の順番を一致させている。下の画像は装飾値レイヤー。

変種

数多くの種類の変種が1段階ずつ生まれるようになっているのでコレクション要素がある。プレイ目標のひとつに。
種類産卵(初期確立)上昇条件装飾値(範囲)食糧(1サイクルあたり)明かり寿命
シャインバグシャインバグ(98%)なし+30(5タイル)グリルベリー(0.2kg)
ブリッスルベリー(0.2kg)
リン鉱石(0.2kg)
1800ルクス
5タイル
25サイクル
陽気なシャインバグ(2%)グリルベリー
陽気なシャインバグシャインバグ(33%)なし+50(7タイル)焼きキノコ(0.3kg)
リン鉱石(0.3kg)
キノコ(0.3kg)
陽気なシャインバグ(65%)グリルベリー
気高いシャインバグ(2%)焼きキノコ
気高いシャインバグ陽気なシャインバグ(33%)グリルベリー+50(7タイル)ペッパーブレッド(1kg)
リン鉱石(1kg)
ピンチャペッパー(1kg)
気高いシャインバグ(65%)焼きキノコ
元気なシャインバグ(2%)ペッパーブレッド
元気なシャインバグ気高いシャインバグ(33%)焼きキノコ+50(7タイル)グリルベリー(1kg)
ベリーの香草焼き(1kg)
ブリッスルベリー(1kg)
リン鉱石(1kg)
元気なシャインバグ(65%)ペッパーブレッド
おっとりシャインバグ(2%)ベリーの香草焼き
おっとりシャインバグ元気なシャインバグ(33%)ペッパーブレッド+50(7タイル)リン(1kg)
リン鉱石(1kg)
おっとりシャインバグ(65%)ベリーの香草焼き
ネガティブシャインバグ(2%)リン
ネガティブシャインバグおっとりシャインバグ(33%)ベリーの香草焼き+80(7タイル)BBQ(1kg)
肉(1kg)
アビサライト(1kg)
明かりなし75サイクル
ネガティブシャインバグ(65%)リン
クリスタルシャインバグ(2%)BBQ
クリスタルシャインバグクリスタルシャインバグ(98%)BBQ+200(8タイル)ダイヤモンド(1kg)1800ルクス
5タイル
シャインバグ(2%)なし

ミールウッドなどの植物をそのまま食べる。
プランターなどで育てているミールウッドがあると、そこに近づいていき、食べる。食べられた植物は成長度が低下するが消えないので
Dreckoの厩舎にはミールウッドなどを単に植えて普通に育てておけばよい。

ScaleGrowthという数値があり、100%になると体毛(あるいは鱗)をShearingStationで刈れるようになる。
ノーマルDreckoの場合はリード繊維が取れる。

しかしScaleGrowthの成長には特定の大気が必要で、ノーマルDreckoの場合は水素が必要。
2018/5/9時点では、捕獲(懐柔)し直して再度解放するとScaleGrowthが100%に戻るバグがある。

やたら体温が高い。

変種であるGlossyDreckoは、鱗がプラスチックでできておりShearing Stationでプラスチックを刈れる。
天井に水素溜まりを設けて地表にミールウッドを生やした飼育施設を構築すると、地底より安全なプラスチック回収施設を序盤から用意できる。

明確な水域には侵入しないが、水たまりにはめっぽう弱く、這って侵入した挙句に溺死するので注意。

概要

  • 液体で生きており、汚染水だけでなく原油、水など液体なら大丈夫だと思われる。ガルプフィッシュは汚染水を水に100%効率で変換してくれる。
  • 餌をやることで野生が下がり0になると、繁殖が67%/サイクルまで上がるので2サイクル弱で卵を一つ産んでくれる。周期が早い上に卵の殻が2kgと思いらしいので、卵の殻が欲しい時に使うと早く集まる。

変種

温度によって確立が変わってくる。
  • 雪氷間欠泉は-10℃の汚染水がでるのでそこでパクーを飼うことでガルプフィッシュを安定供給できる。ただし水ではなく氷で出てくるので、自動化掃除機などで回収の必要がある。
  • 原油の中で生育すれば熱帯パクーが育ちやすくなる。スリックスターと一緒に扱うと楽かもしれない。

種類産卵(初期確立)上昇条件装飾値(範囲)食糧
(1サイクルあたり)
排泄寿命
パクーパクー(96%)なし+10(1タイル)
緑藻140kg
汚染土50%
25サイクル
熱帯パクー(2%)温度35℃〜80℃
ガルプフィッシュ(2%)温度-30℃〜5℃
熱帯パクーパクー(32%)なし+10(1タイル)
緑藻140kg
汚染土50%
25サイクル
熱帯パクー(66%)温度35℃〜80℃
ガルプフィッシュ(2%)温度-30℃〜5℃
ガルプフィッシュパクー(32%)なし+10(1タイル)
緑藻140kg

汚染水120kg
汚染土50%

水100%
25サイクル
熱帯パクー(2%)温度35℃〜80℃
ガルプフィッシュ(66%)温度-30℃〜5℃

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!