Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。

ダメージと破壊

設備は様々な影響によりダメージを受ける。
ゲージが残っているうちは動くが、ゲージが無くなると破壊状態になり動かなくなる。

修理

破壊またはダメージを受けた設備は、複製人間の作業により修理される。
修理には建築時の1/10の建築素材が供給される必要があり、修理完了時に余剰分は落下する。
つまり修理で素材は減らない(落下時に回収不能にならない限り)。余剰素材がないと修理が行われない。

オーバーヒート

設備温度がこれを超えると継続ダメージが入り、最終的に破壊される
基本は75℃だが、設備によっては初期値が変わる。
オーバーヒート建築物
2000℃ロケット、発射台、蒸気タービン、油井
1200℃シェルダードア
オーバーヒート温度は建築素材によって増減する。
増減素材
-20℃
+50℃金アマルガム, 銅, 金, 鉄
+200℃鋼鉄
+500℃ニオブ
+900℃テルミウム

電線のオーバーロード

電線は最大電力が設定されており、
回路内の総電力消費がこれを超えると、継続ダメージが入る。
  • ダメージは一ヶ所に入り続け、回路状態が変わると位置が変わる。
  • ダメージの入る位置は回路の大電流経路とは無関係。
  • 変圧器で回路を分割できる。

パイプ内の状態変化

パイプ中の物質が状態変化すると、パイプにダメージが入って中身が出てしまう。
真空でもパイプ自体との熱交換により中身の温度変化が起こる。

溶解

設備は素材による融点が設定されており、これを超えると融解して素材に戻る。

水圧

自然タイルや人工タイルは高い水圧により破壊されてしまう。

隕石

宇宙から落下してきた隕石に触れるとダメージを受ける。

ロケットの発射

ロケット発射時、土台のタイルはダメージを受ける。
またエンジン幅の軌道上にあるものを高温にしてしまう。
着陸時に出てくる大量の蒸気は1500℃程度でしばらく停留する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!