Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。



このページについて

  • 初心者向けに初級者が初日からの運営方針をまとめたもの。プレイ方針や複製人間の雇用数(3〜5人程度の少人数での記載)によって速度が異なるので、サイクルはあくまでも目安程度に。
  • 初めての人でも遊べるように用語を極力使わず書いていきます。

運営方針

ゲーム設定

  • 初心者のうちは「はじめから」を押してすぐにある「テラ」を選択し「ゲーム開始」で決定。一番基本的なマップが生成される。
  • キャラ(複製人間)の選択は始めはそこまで悩まなくて良い。ただし、「屁こき虫」「大いびき」「睡眠障害」「集合体恐怖症」や全員が「田舎者」にならないようにしよう、初心者には面倒なデバフである。
  • 複製人間を変える場合は各複製人間の名前の上にあるリロールボタンを押せば別なキャラに代わる。問題なければ「送り出す」でゲーム開始。

1サイクル目

一番最初にすること
まずスペースキーか左上の一時停止マークを押して時間を止めよう。初めてのプレイではプレイ方法や周囲の資源配置がわからない、といった状況で始まる。
そんな中で時間を動かすのはとても勿体ない。一通り操作方法や複製人間への指示出しをしてから時間を動かそう。慣れるまでの最初は3倍速で動かすのではなく、等速、2倍速でやるのがおすすめ。
どう動けばいいのか
右下にあるボタンで複製人間に指示出しができる。「採掘」を選択して、キャラのいるところから水平方向で緑色の「緑藻」がある方向に向かって範囲選択しよう。
範囲選択したらスペースキーか左上の再生ボタンを押して時間を進めることで複製人間が指示に従い採掘を開始してくれる。採掘することで建築や素材の材料に使えるようになる。
手の届くところに緑藻がない時
とりあえず緑藻がある方向に採掘させる。道中で「砂岩」を手に入れると左下の「基地」のアイコンが跳ね上がりカラーになる。この状態になることでタブを開けるようになる。
タブを開いて「梯子」を選択して鉛直方向にドラックすることで建築をしてくるようになる。また水平方向に進みたいけど段差があって進めない場合は「タイル」を選んで床の建築指示を出そう。
(もし複製人間を閉じ込めてしまって出れなくなったときは右下の「解体」で壊したいところを選択しよう)
目下のコロニーの拡張先を決める
3人の複製人間(デュプリカント、愛称デュプ)が降り立った周囲の状況を確認して、二酸化炭素・塩素・水素の空間を不用意に開けないように気を付けて採掘を行う。
酸素以外の大気がコロニーに漂うと複製人間の呼吸の邪魔になる。
二酸化炭素は下に掘り進んで落とすのが定石。逆に上方向は掘り進むと貴重な酸素が上に逃げてしまうので最初は避けた方が楽。左右を壁とドアで仕切りながら拡張しよう。
(右下の黒いのが二酸化炭素、右上の色がないところは真空になっている。ただし、少量なら問題ないのでとらわれ過ぎないように)

急いで作るもの
2サイクル目の朝には複製人間の膀胱はいっぱいになっている。膀胱が100%になると漏らしてしまい、汚染水をその場に撒き散らかしてしまう。
そのため最初の夜までにはトイレを完成させないといけない(最初は2-3台でも事足りるが、後々のために空間に余裕を持たせておきたい。野営トイレはすぐ詰まるので注意)。
用を足した後は食中毒菌が複製人間に付着するため手洗い場を隣接させトイレ後に手を洗わせよう。
手洗い場には水のボトルが必要なので水汲み(ピッチャーポンプ)の建築も併せて行いたい。最低この3つを作れれば十分だが、スポーン地点から水が遠い場合はトイレだけ作れればとりあえず大丈夫。
  • トイレ:配管>野営トイレ
  • 手洗い場:>医療>洗面台
  • 水汲み:配管>手押しポンプ

2サイクル目

コロニーの枠組みを大まかに考える
空間を壁やドアで囲むと部屋となり、様々なボーナスを得ることのできるようになる。そのためむやみやたらに施設を乱立させると、将来部屋がごちゃごちゃして、効率の悪いコロニーになってしまう。
寝室や食堂などの部屋は簡単に移動できる*1が、配管が必要なトイレやシャワー室、それに水や汚水を貯めておく空間などは移設に手間がかかる。何度もプレイしてゲームに慣れてきたら最初からこれらの部屋の位置を考えておくとよい。
建設空間
コロニーの1フロアの縦幅は4マスの空間と1マスの床(又は天井)でデザインされている*2。このサイズを想定して掘っていこう。部屋のサイズは横幅で調整すればよい。
ただし複製人間が建築できる上限は上に2マスまでなので、天井には地面から手が届かない。 天井裏まで掘らせるか、ハシゴなどの建設用足場を建てるかすることで天井のタイルを建築できるようになる。
人工の床は電線や配管を埋設できる上、美観改善や移動速度向上などのボーナスがつく。天然資源による床は徐々に置き換えていこう。
作るもの
トイレ関連の設置の次はベッドの建築と寝室のためにドアをつけておきたい(床で寝ると腰痛でストレス増と運動性能-1のデバフがつく)。
また研究台を使用して研究も進めなくてはならない。研究には研究台と電力と土が必要。初期に使える電力供給源の人力発電機とそれを蓄積させるバッテリーを建築し、ついでにまだ余裕はあると思うが酸素供給設備を作っておいてもよい。
電線で三口マークに繋ぐことを忘れないように。


格納庫
ガレキをしまうために圧縮格納庫を設置しよう。 設置するメリットは瓦礫による装飾値の低下の改善。 デュプが滞在する時間の多い場所の装飾値が低いとストレスが溜まるので、寝室や食堂や移動頻度の高い床は積極的に掃除しよう。
ただし序盤の貴重な時間を掃除にばかり取られるのは厳しいので、スキル等でデュプの運搬量が上がるまでは主要場所だけにしておこう。
最初は全部収納にチェックを入れておいていいが、ヘドロや汚染土などコロニー内に持ち込みたくないものが登場(複製人間が拾える状態で地面に落ちた時)したらそれのチェックを外すこと。
初期の研究
食料生産のための農業、電力生産が楽になる発電、そして周囲の資源によっては酸素関連の緊急性が高い。
(発電機はスマートバッテリーと自動化ワイヤを導入しないと高速で消費資源を使い潰していくので注意。必要量の少ない序盤は人力発電か薪ストーブだけで回す人が多い)
スキル
スタート位置の周囲を覆う硬い鉱石を掘れる採掘、スパコンで研究を進める研究、早めに食料を安定させる農業・牧畜が鉄板とされている。
さらに移動と作業効率が大きく向上する供給スキル(初期200kgに400kgの上昇、実に3倍)も最優先して取っていきたい。
限られた人数で回す中盤まではマルチな仕事が求められるので、あとは複製人間の興味なども見て決めるといい。*3
興味がある分野(ハートマークつき)は習得に伴うデメリットが低いので気軽に習得できる。
また複製人間の作業の優先順位の設定も忘れずに。
【ただし「デュプ個人の優先順位」は「プレイヤーの作業指示の優先度」より重視されるので、矢印を入れまくると優先度8の仕事でも誰も触らないというケースが起こりうる。注意】

3サイクル目

コロニーの拡張
食料生産のために、マップに点在している植物を掘り起こして種を手に入れておく。 ひび割れの入っているマスを掘ると種や食料が手に入るので、ガンガン掘らせていこう。
お迎え
3日に1回の複製デー。おすすめはこちら。複製人間を大量に雇用すると酸素や食料など消費が増えるので、慣れないうちは本当に有能な人物か、複製人間以外の資源(特に食料)を採用したほうが安全に運営ができる。
少人数ほど序盤の難易度は下がるが拡張速度や作業効率が上がらない。酸素と食料に合わせてデュプを増員していこう。
酸素
左上に「酸素散布装置がありません」という黄色いメッセージが出ているのを解消する。コロニーの拡張による気圧低下と複製人間の酸素消費により、そろそろ対策しないと窒息死や酸素を求めた旅に出かけてしまう。
複製人間の酸素検知範囲が思いのほか狭く、もうちょい検知範囲が広ければ助かったのにという事態が意外と起きやすい。詳しい酸素の生成のメリット,デメリットなどの比較はこちら

4〜10サイクル目

食料
研究が終わったら農業を始める。最初はプランターでよい。
序盤は必要資源が土だけのミールウッド栽培がおすすめだが、蠢く虫を食べたくなければ製造ポッドの周囲の光があるところにブリッスルブロッサムを植えてもよい(左2マス右3マスは永続的にポッドの光が届く)。
光源はデュプの作業効率をアップさせるので、ポッド横に研究者を置くのも序盤の鉄板。

約10サイクル目以降

スキル習得
スキルポイントを獲得したら士気に余裕がある分だけ割り振っていこう。スキルが士気を上回ってしまうとストレスが溜まっていき最後は破滅的な行動を取るので、装飾の改善やミールライスからの脱却などでケアしていく。
またマッサージ台に観葉植物、絵画などを組み合わせたマッサージ室でもストレスを解消できる。
トイレの水洗化
野営トイレは用便15回につき1度、長時間の清掃が必要。人が増えてくると清掃が頻繁になり、運悪く複数同時に詰まるとコロニーのあちこちで漏らしてしまう。そのためメンテ不要の水洗トイレに切り替えていきたい。
ここで発生する汚染水は食中毒菌まみれなので、汚染水プールの場所や運用には注意しよう(特にMAP内にある汚染水と一緒にしないように)。 詳しい方法は他のページを参照。 ついでに洗面台、シャワーもその機構に組み込むとよい。
間欠泉探し
間欠泉は有限の資源(水や天然ガスなど)を無限に生産してくれる。 最初から見えているものと見えていないものがあり、見えていないものも必ず4つ横に連なったニュートロニウム鉱石の上にある。
一般的にニュートロニウムは周囲よりも温度が低く、温度レイヤー(F3キー)で横に4マス並んだ青色の場所が見えたら間欠泉があると思ってよい。
埋まっている間欠泉は下から2マス目の高さの部分を露出させなければ活動しないので、一番下のマスを掘って何の間欠泉か調べると安全(要スキル持ち研究者)。
ストレス管理
ストレスは単調増加の状態にしておくと、近い将来ストレス反応でコロニーは壊され汚染水まみれにされ泣き散らかす悲惨な光景が見られるようになる。対策として、士気の上昇が必要になってくる。
士気は簡単なもの(部屋ボーナス、装飾値、食事)と細やかなものがある。簡単な士気の稼ぎ方は士気を参照。
がれきの除去が結構装飾値マイナスを軽減する。滞在時間の多い研究台や料理設備の周囲の装飾値が低いとストレスを受けやすいので、植木鉢や装飾品で改善していこう。寝室や食堂(大広間)に絵画や植木鉢を置き装飾値を高める事で相殺する手もある。

20〜30サイクル以降

温暖化対策
間欠泉からの熱水や機械からの発熱などでコロニーの温度が上がり、植物の成長可能限界を越えてしまうと、食料が生産できなくなってしまう。
対策として、農地と機械群を離す、農地を断熱タイルで囲う、寒冷地帯からウィーズウォートを持ってきて植木鉢に植える(毎秒1kgの大気を5℃冷やしてくれる)などの方法がある。これを行えば序盤の温暖化対策としては十分である。
温暖地帯以外への侵入
ヘドロ地帯へは脱臭装置をこまめにおいていくとよい。詳しくはヘドロ地帯への侵入へ。
苛性地帯は高温のため壁を隣接させると熱がどんどんコロニーに伝播してくる。断熱タイルで仕切ると熱が伝わる事はほぼ無くなる。
寒冷地帯は解けた水や汚染水が垂れてくるので、垂れないようにいったん横に掘ってプールをつくるとよい(画像では再凍結している)。
塩水地帯は適温であるが、大気成分が水素・二酸化炭素のため酸素確保さえすれば安全に進むことができる。

50サイクル以降

間欠泉の利用
天然ガス間欠泉からの電力生産や蒸気、熱水、氷雪間欠泉から水を得られるようにする為の建築をしていきたい。特に優秀なのがお手軽エネルギー源の天然ガス噴出口と、冷たい汚染水という極上資源を吐き出す氷雪間欠泉。
間欠泉は噴出可能限界圧力(5kg/マス)になると圧力超過ですぐ止まり、活動期間が無駄になってしまう。発見したら運用する為に必要な研究や設備を早めに揃えて建築していこう。
間欠泉利用上の注意点
間欠泉から出力される気体・液体はだいたい高温のものばかりで、そのまま利用すると正常なコロニー運営を妨げるのには十分である。特に熱水間欠泉の場合は時間が経つと周囲が熱を取ってくれなくなり、拠点の温暖化を加速してしまう。
遠くないところに寒冷地帯があるならいったん熱水を流し込んで冷却してもらうのが良い。解けた汚染水が混ざるので液体フィルターの使用が必要になる。熱水を扱う場合、通常の吸水ポンプは75℃までしか耐えられないので金アマルガムなどを使用する。

100サイクル以降

石油を求めて
スタート時の惑星設定にも依るが、下層部には原油が存在する(下端部はマグマ)。原油は石油に精製して発電することが出来、発電量は2kWと他の発電方法と比べかなり優秀である。数台設置すればこれだけでコロニーの大部分を賄える。
ただし莫大な二酸化炭素の出力には気を付けよう。

200サイクル以降

持続可能なコロニー運営に向けて
コロニー運営が不可能になる理由として、石炭枯渇からの電力不足、コロニー冷却不足や有限資源の浪費からの農業停止による餓死、水や緑藻不足からの酸素不足による窒息死、など様々ある。
これらは突然訪れるものではなく、プレーヤーが備蓄管理、温度管理を怠ったために徐々に確実に訪れるものである。
電力:天然ガスと石油をメインにして石炭発電は補助に留め、ハッチを大量飼育して石炭を増やす
酸素:予備の生成手段を用意しておく、又は平行使用して酸素原料の消費速度を緩和する。空間を圧迫する二酸化炭素は炭素スキマーやスリックスターを利用して除去
温暖化:液体・気体クーラーで熱を奪って蒸気タービンで電気に変換、反エントロピー型熱無効化装置やウィーズウォートを使用してコロニー冷却
などなど様々な解決策があり、どれからどのような手段で対処していくべきか優先順位を考えないといけない。

300サイクル以降

宇宙へ
マップ上端部には宇宙がある。 宇宙からは高頻度で隕石が降ってきて、砂や建築物の材料として恒久的に利用可能(ただし超高熱)。
宇宙空間は真空であり、無闇に接続するとそこに流れ出た空気や液体は消失してしまう。対策としてドアと壁紙で気密性を保持する。
宇宙空間は隕石が降ってきてそのまま当たると建造物は破壊されてしまう。対策は鋼鉄を使ってシェルタータイルやシェルタードアの設置をすること。ここまでに電力や水などの生産体制を整えておくこと。

500サイクル以降

脱初心者
この辺りまで特段大きな問題もなく、水、温度、電力、酸素、ストレスなど解決できていれば、脱初心者といっていいかもしれない。
あとは、より良いコロニー、動物飼育や間欠泉などを利用した持続可能なコロニー運営を目指していきたい。環境やプレイ毎に毎回コロニーの形や運用法は変わる。自分なりのプレーで作っていこう。
宇宙探索
宇宙にロケットを飛ばし、小惑星探査でデータバンク集めてより高度な研究を進めたり,資源採取を行って宇宙素材を基にした高度な建築や設備を作ったりしてコロニーをより高度な次元に引き上げていきたい。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!