Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。



人力発電機

材料金属鉱石200kg
サイズ横2×縦2
入力複製人間の拘束
出力電力+400W
熱+1kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
最初の発電機。 間抜けな見た目の割に、石炭発電機の2/3という驚異の発電力を発揮する。
石炭発電機が出来たらさすがに当分はお役御免。
電解装置の起動・再起動用に置いておいてもいいが、発電量が足りてないので2台にする必要がある。

石炭発電機

材料金属鉱石800kg
サイズ横3×縦3
入力石炭1000g/s
出力電力+600W
二酸化炭素20g/s
熱+9kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-15(3タイル)

ゲーム序盤から簡単に使えるのがメリット。
二酸化炭素を排出するので、できるだけ下の方に置こう。
またけっこう熱も出すので、農場からも離して置いたほうがいい。

これ2台分の電力を使うだけでもう細い導線はボロボロになる。
これを建てたあたりで太い導線への移行を考えたい。

薪ストーブ

材料金属鉱石800kg
サイズ横2×縦2
入力木材1200g/s
出力電力+300W
二酸化炭素170g/s
熱+9kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-15(3タイル)
  • とんでもない量の二酸化炭素を排出する。

水素発電機

材料金属鉱石800kg
サイズ横4×縦3
入力水素100g/s
出力電力+800W
熱+4kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-15(3タイル)

電解装置での酸素生産を始めるときに一緒に導入を考えたい発電機

排出物がないので設置は比較的容易だが、
水素を生産するのに大量の電力が必要なため
実質、水素処理機の面がある

天然ガス発電機

材料金属鉱石800kg
サイズ横4×縦3
入力可燃性ガス90g/s
出力電力+800W
汚染水67.5g/s
二酸化炭素22.5g/s
熱+10kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-15(3タイル)
汚水がでるが、排出パイプは無く、垂れ流しになるので、置き場を受け皿のような形状にすることを忘れずに!

石油発電機

材料金属鉱石800kg
サイズ横3×縦4
入力可燃性液体2000g/s
出力電力+2kW
二酸化炭素500g/s
汚染水750g/s
熱+20kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-15(3タイル)
天然ガス発電機と同じで汚水は垂れ流し
  • 石油/エタノールを入れて動く

蒸気タービン

材料精錬金属800kg
プラスチック200kg
サイズ横5×縦3
出力電力+850W
熱+4kDTU/s
95℃の水
オーバーヒート100℃
自動入力有効化/無効化
真下の125℃以上の水蒸気を吸って発電。
本体温度が100℃を超えると動作が停止する。

ソーラーパネル

材料ガラス200kg
サイズ横7×縦3
出力電力+380W
オーバーヒート75℃
装飾値-15(3タイル)

発電に必要な資源は太陽光のみで廃棄物や廃熱も一切ない非常にクリーンな発電機
また、一番下の部分がタイルのような扱いになっているため空間のどこにでも配置できる

ただし、宇宙空間にしか設置できない、夜間には発電ができない、
サイズが大きいという他の発電機にはない欠点も存在する
  • 最大電力380Wには6タイルに光が当たっていればよい。立ち上がりがやや遅くなるが1タイルは塞げる余裕がある。
  • オーバーヒート75℃固定なため、宇宙空間暴露の位置にして断熱すること。

電線

材料金属鉱石25kg
最大電力1000W
装飾値-5(1タイル)

電線ブリッジ

材料金属鉱石25kg
最大電力1000W
装飾値-5(1タイル)

大容量電線

材料金属鉱石100kg
最大電力20kW
装飾値-25(6タイル)
  • 壁に埋め込むことができないため、大容量接ぎ板を使う。
  • 装飾値を著しく下げる。

大容量継ぎ板

材料金属鉱石200kg
最大電力20kW
装飾値-25(6タイル)
移動速度-50%

導電線

材料精錬金属200kg
最大電力2kW

導電線ブリッジ

材料精錬金属25kg
サイズ横1×縦1
最大電力2kW
装飾値-5(1タイル)

大容量導電線

材料精錬金属100kg
最大電力50kW
装飾値-20(4タイル)

大容量導電線継ぎ板

材料精錬金属100kg
サイズ横1×縦1
最大電力50kW
装飾値-25(6タイル)
移動速度-50%

壁として機能し、大容量電線、大容量導電線を繋げることができる。

バッテリー

材料金属鉱石200kg
サイズ横1×縦2
電力容量10kJ
電流流失1.0kJ/サイクル
出力熱+1.25kDTU/s
オーバーヒート75℃
装飾値-10(2タイル)
自然に放電するのでロスも出る。

大容量バッテリー

材料金属鉱石400kg
サイズ横2×縦2
電力容量40kJ
電流流失2.0kJ/サイクル
出力熱+1.25kDTU/s
オーバーヒート75℃
装飾値-15(3タイル)

スマートバッテリー

材料精錬金属200kg
サイズ横2×縦2
電力容量20kJ
電流流失0.4kJ/サイクル
出力熱+0.5kDTU/s
オーバーヒート75℃
アクティブ蓄電量がアクティブ設定値以下になった時
スタンバイ蓄電量がスタンバイ設置値以上になった時
装飾値-15(3タイル)
  • アクティブとスタンバイを1%単位で設定でき、充電量が下限の値下限(画像では70)を下回ると接続している自動化ワイヤーにグリーン(アクティブ)の信号が出て、しきい値上限の値(画像では90)を上回るとレッド(スタンバイ)の信号を出す。
  • 自動化ワイヤーを発電機にまで繋ぐとグリーンの時に発電機が動き充電され、レッドの時には停止し資源の浪費を抑えられる。
  • しきい値上限の値を0に設定してしまうと、充電が無くなってから動くため設備が止まってしまう。電力が途切れると複製人間の作業が中断して効率が悪くなるのでしきい値下限の値を5や10等のある程度余裕がある数字にすると良い。

電力変圧器

材料金属鉱石200kg
サイズ横2×縦2
電力容量1000J
電流流失0.0J/サイクル
出力熱+1kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-10(2タイル)
  • 基本は、大容量電線を上側に、電線を下側につなぐ必要がある。
  • 発電機と導電線を上に、大容量電線を下にして組むことも可能詳しくはこちら
  • 配線系統を分けることで過剰電流を防ぐことができる。

大型電力変圧器

材料精錬金属200kg
サイズ横3×縦2
電力容量4kJ
電流流失0.0J/サイクル
出力熱+0.5kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-10(2タイル)

スイッチ

必要資源金属鉱石100kg
サイズ横1×縦1
装飾なし
電線をつないでオンオフを設定する(要複製人間)

電源遮断器


自動で電線をつないだり切ったりする。
材料金属鉱石100kg
サイズ横1×縦1
自動入力電力解放/遮断
  • 電線の上に設置し、自動化ワイヤーで通電を制御できる。
  • 変圧器でも同様のことができるが、こちらはサイズが小さく発熱もない。

このページへのコメント

スマートバッテリーの最後の記述はスタンバイじゃなくてアクティブじゃないの?

0
Posted by 名無し(ID:+OJ7OSFAAw) 2019年08月21日(水) 07:31:55 返信数(1) 返信

修正しました。
ご指摘ありがとうございます。

0
Posted by  oxygen oxygen 2019年08月22日(木) 00:18:47

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!