Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。



野営トイレ

必要資源無機物原石200kg
サイズ横2×縦3
入力土6.7kg/1利用
出力汚染土6.7kg/1利用
食中毒菌200,000germ
熱+250DTU/s
装飾-20(周囲5タイル)
長時間満杯の状態で清掃されないとモーブが湧く、欲しい時には満杯になったら複製人間が通れない1マスの隙間を残して隙間手前にトラップを置くことで定期的に捕獲できる。
  • 清掃時
入力土200kg
出力汚染土200kg
使用回数によらず清掃ごとに土200kgを要求される。堆肥による発熱を避けたいのならば清掃は少なくすること。優先設定は清掃なので、急いで清掃して欲しい時には、複製人間の優先度を清掃が最優先になるようにして野営トイレの優先度を9にすること。

水洗トイレ

必要資源金属鉱石400kg
サイズ横2×縦3
入力水5kg/1利用
出力汚染水11.7kg/1利用
食中毒菌105,000germ
装飾-10(周囲2タイル)
  • 排水の温度は、入力水の温度に37℃の増加分を加算したものになる。
  • 95℃の熱湯であろうが複製人間たちは問題なく使用してくれる(流し台およびシャワーも同様)。パイプからの熱漏れさえ何とかできれば、間欠泉(等)で入手した熱水をそのまま流し込んでしまうのも手である。汚染水を間欠泉の横に戻せば殺菌もできる。冷やすのは無菌にした後でもよい。

シャワー

必要資源無機物原石400kg
サイズ横2×縦3
入力水1000g/s
出力汚染水1000g/s
熱+250DTU/s
士気+3
治療不潔
ずぶ濡れ
濡れた足
装飾+10(周囲2タイル)

手押しポンプ

必要資源無機物原石400kg
サイズ横2×縦8
入力複製人間の操作
出力任意量の液体
オーバーヒート75℃
  • サイズは本体縦4マス下に(吸水可能深さ)最大4マス。
  • 中の液体が必要な設備があると、ここから複製人間が手動で持って行ってくれる。
  • 複数の液体が混ざっていても必要なものだけ取り出してくれる。
  • 他のボトル空け設備を自動ボトル化:オンにすることで、常時汲み出す状態になる。
  • 温度変化は足場の部分で変化する。足場が真空ならマグマでもオーバーヒートを起こさず組み上げることが出来る。

ボトル空け

必要資源無機物原石400kg
サイズ横1×縦3
入力ボトルに入った液体
出力ボトル容量だけの液体
装飾-10(周囲2タイル)
  • Oキーで蛇口向きを左右から変えることができる。
  • 指定した種類の液体のボトルがあれば供給され、蛇口から下に落とすことができる。
  • 設定を自動ボトル化:オンにすることで、手押しポンプから汲み上げ続けるようになる。
  • 最初に水しか見つかってない時にチェックすると、後で汚染水など種類が増えた際に自動でチェックが入り混在するため注意すること。(水源に汚染水が廃棄され菌が蔓延するケース)

液体用パイプ

必要資源測定可能100kg
サイズ横1×縦1
液体量10kg/m
熱伝導率100%
  • 熱伝導率は素材そのままの値
  • パイプ内の液体温度は外温の影響を受け、凝固点や沸点を凝えるとパイプを破損させて外に出てきてしまう。
  • 隣のパイプの液体とは直接熱交換しない。

断熱型液体用パイプ

必要資源測定可能400kg
サイズ横1×縦1
液体量10kg/m
熱伝導率約3.15%
装飾-5(周囲1タイル)
ノート:
  • 火成岩、セラミックが使用に向いているだろう。

液体用輻射パイプ

必要資源精錬金属50kg
サイズ横1×縦1
液体量10kg/m
熱伝導率約200%
装飾-5(周囲1タイル)
ノート:
  • 素材と比べて2倍熱を通しやすい。
  • 例:金[60W/(m*℃)]→金製輻射パイプ[120W/(m*℃)]
  • アルミニウムが非常に高い熱伝導率と入手性から向いているが、素材の融点には気をつけたほうが良いだろう。
  • ふくしゃと読む

液体ブリッジ

必要資源無機物原石100kg
サイズ横3×縦1
液体量10kg/m
  • 既にあるパイプをまたぐことができる。
  • 入出力があるので優先経路が作れる。ただの二股だと左右均等に分かれるが、入力側にはパイプ詰まりを起こすまで優先して入る。
  • 中に液体を保持しないため、壊したときにも中身は漏れない。

吸水ポンプ

必要資源金属鉱石400kg
サイズ横2×縦2
入力電力240W
接続液体出力パイプ
出力付近にある液体10kg/s
熱+2kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-10(2タイル)
ノート:
  • 土台不要で建築できる。
  • 左下1マスを起点とした上下左右1マスにある液体をパイプに送る。
  • 惑星ONIにはベルヌーイの法則や揚程という概念は存在しないため、マップの下端から宇宙までポンプ一台で汲み上げることができる。好きな位置に設置してガンガン汲み上げよう。

ミニ吸水ポンプ

必要資源プラスチック100kg
サイズ横1×縦2
入力電力60W
接続液体出力パイプ
出力付近にある液体1000g/s
熱+500DTU/s
オーバーヒート75℃
装飾値-10(2タイル)
ノート:
  • 吸水ポンプと比較すると、電力消費量は1/4で汲み上げ量は1/10。説明には少ない電力で効率よく少量の汲み上げを行う様に書いているが、電力効率は悪い。オーバーヒート温度を上げられないのも難点。
  • 真価を発揮するのは恒常的な汲み上げ用途ではなく、少量かつ一時的な汲み上げに使用した時だろう。液圧をkg単位で調整できるため、異常時、あるいは本稼働前の液圧調整に向いている。幅1タイルの大きさであり後付しやすいので尚更。
  • Oキーで回転させることができる。
  • 吸水範囲は下部1マスを起点とした上下左右1マス。

排水口

必要資源金属鉱石400kg
サイズ横1×縦1
接続液体入力パイプ
出力パイプから送られる液体
最大圧力1000kg
装飾値-10(2タイル)
自動入力開/閉
ノート:
  • 水は上部で1000kgになるので、貯水プールの最大高さより1マス低いところに設置することで自動で止まるようになる。
    原油や石油は比重が小さいので基本的には浅いところに設置してもずっと排出される(かなりの深さを設ければ止まる)。
  • 密閉空間で気体1000kgのときにも詰まる。
  • 水プールに混ざった汚染水など少量の液体と重なってしまうと圧力限界が無視され延々と出し続けるため注意
  • 逆にそれを利用して"圧縮液体タンク"のようなものを作る事もできる。
  • 2020.3アップデートから自動化で開閉できるようになった。

液体フィルター

必要資源金属鉱石200kg
サイズ横3×縦1
入力電力120W
接続液体入力パイプ
液体出力パイプ
液体出力パイプ
出力入力された液体を分別した量
熱+4kDTU/sW
装飾値-5(1タイル)
  • 選択した液体は真ん中のオレンジ色に繋いだパイプに流れる。選択されていない液体は緑色にそのまま流れる。

液体バルブ

必要資源金属鉱石200kg
サイズ横1×縦2
オーバーヒート75℃
装飾-5(1タイル)
  • 液体の流入量を0.1kg/s単位で0〜10000g/sの範囲を設定できる。
  • 複製人間の操作が必要になり、即座には反映されない。

液体遮断器

必要資源精錬金属50kg
サイズ横1×縦2
入力電力10W
接続液体入力パイプ
液体出力パイプ
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾-5(1タイル)

流体用元素センサー

必要資源精錬金属25kg
サイズ横1×縦1
自動出力Green/Red
装飾-5(1タイル)
  • パイプに重ねて作ることで機能し、パイプ内元素によりオンオフを返す。
  • パイプ内が空のときはオフになる。
  • 液体遮断機の直前に置くことで簡易フィルターが作れる。

流体用病原菌センサー

必要資源精錬金属25kg
プラスチック50kg
サイズ横1×縦1
自動出力Green/Red
装飾-5(1タイル)
  • パイプに重ねて作ることで機能し、パイプ内液体の病原菌量によりオンオフを返す。
  • パイプ内が空の場合は最後の信号状態を維持する。
  • 塩素下の液体貯蔵庫の配管ループ出口に使うと水の自動殺菌システムが作れる。

流体用温度センサー


必要資源精錬金属25kg
サイズ横1×縦1
自動出力Green/Red
装飾-5(1タイル)
  • パイプに重ねて作ることで機能し、パイプ内液体の温度によりオンオフを返す。
  • パイプ内が空の場合は最後の信号状態を維持する。
  • 液体クーラーに送る液体を凍結させないための判別など。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!