Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。



基地

ミニポッド

設置可能な製造ポッド。
小惑星につき一つしか設置できない。 また解体ができない。
サイズが3x3とバニラの製造ポッドより一回り小さい。
光源+1000lux(5タイル)
装飾値+33(6タイル)

酸素

昇華端末

一部のヘビープレイヤーが喉から手が出るほど待ちわびていた、汚染酸素の大量供給源。
2020年12月現在、プレイ開始時から研究なしで使用可能。 Swampyバイオーム開始時はこれに序盤の酸素供給を頼る必要がある。
他の酸素供給機械類と同じく、周辺気圧が一定以上(他と同じ1800g?)になると動作を一時停止する。
入力電力 60W
汚染土 1000g/s
出力汚染酸素 660g/s
熱+1.5kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-10(2タイル)

汚染酸素から酸素への変換詳細

電力

食料

配管

壁トイレ、各ポートローダー、アンローダーはDLC1/施設(ロケット)

換気


精製

ダイアモンドプレス機

精錬炭素100圓らRadボルト1000を消費してダイアモンド100圓鮴裟修垢襦
入力電力 240W
複製人間の作業 80秒
精錬炭素 100kg
RADボルト 1000
出力ダイヤモンド 100kg
熱 +16kDTU/s
オーバーヒート75℃
装飾-15(3タイル)
自動化入力有効/無効
自動化出力RADボルト満タン/不足
  • 極めて大量のRADボルトが必要になる。ダイヤはPOI採掘での消耗品なので、他設備の不要時に貯めておくか反応炉を運用したいところ。

泥プレス機

Swampyバイオームに大量に存在するMudとPolluted Mudを、土や水に分解する装置。
MudとPolluted Mudの使い道は2020年12月現在これだけ。
液体の水より固体のMudの方が保管時には便利なので、水がどうしても足りなくなったら利用するくらいでいいかも。
入力電力 120W
Mud 150kgPolluted Mud 150kg
出力土 60kg汚染土 60kg
水 90kg汚染水 90kg
熱+4kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-10(2タイル)

医療

除染シャワー

複製人間と着ているスーツの殺菌と除染ができるシャワー
水を消費し、汚染水は下部から垂れ流しになる。
入力水100g
出力汚染水100g
効果-1,000,000Germ
装飾値-2

  • RAD値は回復しない

家具

梯子ベッド

梯子の機能を兼ねたベッド。ロケット内の省スペース化やタコ部屋作りに有用。
  • 設置位置は床か他の梯子ベッドにする必要があり、はしごの上だと機能しない。
  • 睡眠中に梯子が使われると目が覚めてしまう。

共同電話

幅1の娯楽設備。
一台の使用により他の共同電話が鳴って同じタイミングで休憩中の複製人間も使用する。
誰かとの会話(+1)、2人(+2)、2人で星間通話(+4)と効果値が変わる

端末

材料工学端末

Radボルトを10消費してAtomic Researchの研究を1進めることができる。
Radボルトを100まで蓄積できるがそれ以上は素通りする。
満タン時に自動化出力でGreenを返す

軌道ラボ

プラスチック5kgからデータバンクを生成する装置
ロケット内に建てることで航行中に手動で動かしてくれる。スキル不要。
  • データバンクは軌道ラボ以外にも、間欠泉・グラビタス社のオブジェクト・POIなどの調査からも得ることができる。

植物分析器

放射線の影響を受けた植物の種を分析する設備。
変異した種は、既知の種類であっても種ごとにいちいちこの設備で分析しないと使用できない。

農業スキルの3段階目のスキルの習得が必要。
ただし分析時に複製人間が得られる経験値は科学属性で、これによってバニラでは有限だった科学属性の経験値が理論上は無限に得られるようになった。

遺物分析端末

遺物にこびりついたニュートロニウムをそぎ落とす装置。
  • 傑作スキルが必要。研究作業
  • 完了で神経シャッフルマシン充填器が手に入り、遺物は展示台で展示できるようになる。
  • DLC実績:宇宙考古学の条件

衣類仕立て直し機

おしゃれスーツとリード繊維3本からより効果の高い衣服を作成できる。

鉛スーツ ドック/チェックポイント

Lead Suitを格納するドックやチェックポイント。 サイズが横2x縦4と大きい。
Radiationの影響を66%防げる。

その他

自動化

自動化放送局/自動化受信局

惑星間で信号を授受する装置。好きな名前をつけよう。
  • 上空が開けている必要がある。宇宙センサーと同様に気流タイルや網タイルは通過する。
  • 有効距離は星図で5マスまで。同一惑星内でも可。

RADボルトセンサー

RADボルトが通過するとGreenを返す

放射能センサー

放射能量に応じて信号を返す

輸送

放射線

各設備でのウラン鉱石や濃縮ウランの消費時には劣化ウランや核廃棄物が発生する。

RADボルト生成装置

周囲の放射線を元にRADボルトを生成し、発射する。

入力電力 480W
出力熱+5kDTU/s
オーバーヒートなし
自動入力有効化/無効化
装飾値-9(半径:2タイル)

RADボルト反射装置

RADボルトの向きを変える装置。
自動化入力オフなど無効化により素通りする。

手動RADボルト生成装置

デュプたちの過酷な手作業によりRADボルトを発射する。
  • ウラン鉱石を消費して一回当たりRADボルトを5発射する。
  • 濃縮ウランを使うと出力量が上がる。
  • 自動化端子がないため自動化にはルート制御が必要。
入力ウラン鉱石または濃縮ウラン 1kg/回
複製人間の操作
出力RADボルト5または25
劣化ウラン500または800g
オーバーヒートなし
自動入力有効/無効

RADボルトJoint Plate

RADボルトを通過させるタイル

放射線ランプ

ウラン鉱石を消費して放射線720radを出す装置。
  • 種の突然変異や変異種の栽培向け。
  • 左右にしか向けられず、壁に設置する必要がある。
入力電力 60W
ウラン鉱石 16.67g/s
出力熱+500DTU/s
オーバーヒートなし
自動入力有効/無効

RADボルト貯蔵庫

発射されたRADボルトを受けて保管する施設。
指定したRADボルト保管量のしきい値に達すると、そのしきい値の量のRADボルトを発射する。そのため、0に指定した場合は発射しない。

入力電力 120W
出力熱+1.25kDTU/s
オーバーヒートなし
自動入力発射する/しない
自動出力満タン時グリーン/それ以外レッド
装飾値-12(半径:3タイル)

ウラン遠心分離器

ウラン鉱石から20%の濃縮ウランと80%の劣化ウランを生成する。

研究炉

濃縮ウランを消費してRadiationと熱を発生させる。
  • 稼働中は中の濃縮ウランの温度が上昇、液体パイプからの水で冷却され、400℃〜2000℃(投入する冷却液の流量による)の蒸気と濃縮ウランと同じ温度で100倍の質量のNuclear Wasteを放出する。
  • 稼働中は半径25タイルに12000rad/サイクルの放射線を放出する。
  • メルトダウン時は24000rad/サイクルの放射線が発生し、5サイクルかけて0に戻る。

ロケット

発射台やロケット本体、ポートについてはDLC1/施設(ロケット)

観測望遠鏡


望遠鏡。星図で3マスを可視化できる。天文学スキルが必要。
建設位置は宇宙に面している(背景が宇宙空間暴露の位置)必要がある。

出力熱+125DTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値0

ミッション管制端末

宇宙ミッションをサポートする端末。
使用することによりロケットのスピードが上がる。

入力電力 960W
出力熱+2.5kDTU/s
オーバーヒート75℃
自動入力有効化/無効化
装飾値-5(1タイル)

星間ランチャー

惑星から他の惑星へと星間貨物を打ち出す設備。
  • ガス、液体、アイテムを200kgまで詰めることができる。
  • 発射の際に距離に応じたRadボルトが必要となり、具体的には1マスにつき10必要となる。
    発射重量の最小しきい値を設定可能だが軽くしてもRadボルト消費量は変わらないので出来るだけ最大パケットで送りたいところ。
  • 対象の星にターゲットビーコンが無ければランダム位置に落ちる。
  • 発射には上空が開けている必要がある。エアロックやシェルターは解放状態なら可。空気ドアは常時通過。
  • RADボルト満タンで自動化出力にGreenを返す。自動化入力の無効化で発射不可にできる。

ターゲットビーコン

軌道貨物モジュールなどで投下した星間貨物がこの付近に落ちるようになる。
ビーコンを中心として左に3タイル右に2タイルの範囲に落ちるので、真隣に自動掃除機を(縦にして)設置しておき、更に隣に貨物オープナーを設置すれば自動で開封してくれるように出来る。

貨物オープナー

星間貨物をすぐに開けることができる設備。
中身は接続したパイプやレールへから出てくる。それらが無い場合は設備を壊すと取り出せる。
これが無くても星間貨物は空けられるが非常に時間がかかるのと落下位置から動かせない。

遺跡

テレポーター送信機

複製人間を他の小惑星に送る。
連続での使用はできず、使用後は3サイクルのチャージ時間が必要。
サイズ3x3
装飾値+5(1タイル)

テレポーター受信機

複製人間を他の小惑星から受け取る。こちらもチャージ時間が必要
サイズ3x3
装飾値+5(1タイル)

補給品テレポーター入口/出口

資源を装置出口側の小惑星に送る。
設備有効化には地質調査のスキルが必要。
受け取り側に出力パイプが配管されていないか、装置両方が有効化されていないとTeleporter Disabledの警告が出る。
最初からコンベアローダー等が接続されているが、パイプを繋げれば液体や気体も送ることができる。
サイズ4x3
装飾値0

クライオタンク

クライオタンクとはSF作品にしばしば登場する人体冷凍保存用の保管庫。
中に複製人間が入っている。一度解凍してしまうと能力値・スキルはリロールできないが、解凍前にセーブしておけば吟味可能。
解凍するのは設備が整ってからにしよう。
解凍した時点でスキルptを3つ持っているようになった(2021.10.5)
サイズ3x3
装飾値+5(1タイル)

墜落した人工衛星

既に役目を終えた巨大な物体。中心強度1500もの致死量の放射線を放ち続ける。
ゲーム中確定で一つ、また特性に墜落した人工衛星を持つ星に大量にある。
  • RADボルトや植物変異の有力源、真下の放射線が最も強い。
  • 捜索すると様々なアイテムやモーブが出てくる。

実験体52B

有機物小惑星にいるサイバネ化された木

時間の裂け目オープナー

時間の裂け目を開くことができる設備、寒冷惑星に存在する。
  • 起動すると時間の裂け目に行くことができる。オマケに隕石も降ってくる。
  • 起動にはRADボルト1000と設備の上空が開けている必要がある。
  • 日照量と放射線の少ない氷惑星でどうこなすか、実績達成のためにこなすべきクエストの一つ

このページへのコメント

Nuclear Waste(核廃棄物)は集まるとなかなか強い放射線を発するから、何かと活用してる。

1
Posted by 名無し(ID:Ckaq4eS6og) 2022年08月02日(火) 15:02:24 返信

やっぱ捨てるしかないか。情報サンクス

1
Posted by 名無し(ID:ldp4dBF3Bw) 2022年04月04日(月) 15:41:22 返信

ようやく研究炉を作るところまで来たんやが、英語Wikiを読むと1日で1tのNuclear Wasteが湧いてくるみたいやな。
皆どうしてるんや?宇宙に捨てるしか無いんか?

0
Posted by 名無し(ID:wVuZSe0ZnQ) 2022年03月30日(水) 21:49:02 返信数(1) 返信

劣化超冷却材としての利用価値はあるけど、継続消費するものがない以上宇宙廃棄以外ないやろね

1
Posted by 名無し(ID:OIFCDEqftA) 2022年04月01日(金) 11:53:20

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!