Oxygen not Includedのプレイガイド兼管理人の個人メモとして編集しています。編集はどなたでも可能ですが、問題があった場合はメンバー限定にすると思います。

惑星選択

複数の惑星間をロケットや物質転送装置を使って人員・資源をやりとりする。
最初の惑星の他に、1つの惑星にはあらかじめ設置されているワープ装置を利用して比較的すぐにアクセスできる。
バニラのような大きな惑星を開始惑星とするクラシックモード10種類と、
比較的狭い小惑星群で始める宇宙進出モード8種類の設定がある。

クラシックモード

各セル下段の数字は惑星の大きさ(横マス数×縦マス数)。
ただし、画面端の掘削不能部分の幅も含む。 横、下ともに最大7マス程度の掘削不能マスが発生する。
クラスタ名開始惑星惑星2(ワープ可)惑星3惑星4惑星5惑星6惑星7惑星8
Terraテラ(大)
240x380
放射(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Oceaniaオセアニア(大)
240x380
森放(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Squelchyスケルチ(大)
240x380
森放(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Rimeライム(大)
240x380
沼地(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Verdanteバーダンテ(大)
240x380
温放(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Arboriaアーボリア(大)
240x380
温放(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Volcaneaボルカニア(大)
240x380
放射(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Badlandsバッドランド(大)
240x380
放射(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Aridioアリディオ(大)
240x380
温沼(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96
Oasisseオアシッセ(大)
240x380
放射(中)
160x176
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ニオ(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
表土(微)
96x96

開始惑星は非DLC環境での既存の惑星とほぼ同じ。 ごくわずかにサイズが小さくなっている(非DLC環境での惑星サイズは256x384)。
スケルチは新規の惑星で、沼地バイオームから始まる。

宇宙進出モード

クラスタ名開始惑星惑星2(ワープ可)惑星3惑星4惑星5惑星6惑星7惑星8惑星9
Terrania温暖(中)
160x274
森放(小)
128x153
油沼(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
Folia森林(中)
160x274
沼地(小)
128x153
石油(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
Quagmiris沼地(中)
160x274
金属(小)
128x153
石油(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
クラスタ名開始惑星惑星2(ワープ可)惑星3惑星4惑星5惑星6惑星7惑星8惑星9惑星10惑星11
Metallic Swampy金放(小)
128x153
森冷(小)
128x153
不毛(小)
128x153
反転(小)
128x153
海放(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
The Desolands不毛(小)
128x153
海放(小)
128x153
金放(小)
128x153
森冷(小)
128x153
反転(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
Frozen Forest森冷(小)
128x153
不毛(小)
128x153
金放(小)
128x153
反転(小)
128x153
海放(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
Flipped反転(小)
128x153
不毛(小)
128x153
金放(小)
128x153
森冷(小)
128x153
海放(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
Radioactive Ocean海放(小)
128x153
反転(小)
128x153
不毛(小)
128x153
金放(小)
128x153
森冷(小)
128x153
寒冷(微)
64x128
ヘド(微)
64x96
ムー(微)
96x80
水(微)
80x174
ニオ(微)
64x96
表土(微)
160x96
前半3つのクラスタ
  • 第1惑星は選択したクラスタによって配置されるバイオームや間欠泉が異なるが、間欠泉は水源となるものが多い。地下にはミニ火山が3つほどある。
    • 水が豊富なため、第1惑星だけでも生存は可能だが、隕石がなくなったことで金属鉱石や精錬金属が不足しがちになる。
  • 第2惑星は、第1惑星とは違うバイオームが配置され、第1惑星では手に入らなかった動物や植物がいる。第1惑星とはテレポーターで人や物資の移動が可能。
    • 第1惑星では有限資源であった硫黄が硫黄間欠泉から無限入手可能になる。油質バイオームがあり原油だまりから原油が入手可能。
  • 第3惑星は、第1惑星及び第2惑星とは違うバイオームが配置される。ロケットでのみ到達することができ、物資のやり取りはロケットによる運搬又は星間ランチャーで行う。
    • 金属系火山が複数あるため、精錬金属が無限入手可能。また、惑星内に金属鉱石が多いのもこの惑星の特徴の1つ。
後半5つのクラスタ
5つの小惑星から開始惑星を選択し、残りの4つが近辺の小惑星として配置される。
そのうちの1つとはテレポーターによって接続されており、開始惑星によって接続先の小惑星は決まっている。
前半3つの惑星をDLCを体験するためのものとすると、後半5つの惑星は前半3つの惑星を踏まえた上級者向け。開始惑星から狭い。

開始惑星に必ず水源となる間欠泉があるわけではないので、ロケット等による移動を前提とした仕様になっている。
近辺の小惑星にバラバラに動物や植物、金属資源等が配置されるため、それらを回収する手間がかかる。
その一方で、この5つの惑星は間欠泉の設定がそれぞれある程度固定されており、総合的に見て重要な水・金属系の間欠泉が一定量確定出現するというメリットもある。
惑星間移動に慣れていれば、やりやすいかもしれない。

2022.12のアップデートで追加された3つの遺跡についてはランダムに配置され、開始惑星に配置されることもあれば、それ以外の惑星に配置されることもある。
  • Metallic Swampy Asteroid
    • 沼地バイオームから開始する。ヘドロバイオームと金属バイオームに囲まれている。
      テレポーター先がFrozen Forest Asteroid。
      水系の間欠泉がないが、初めから存在する汚染水や表層の氷や泥から得られる水でなんとかしたい。
      金属原石が豊富。
      金属火山も複数存在する。
      5つの惑星のうちヘドロがあるのはこの惑星のみで、シンブルリード、キノコが自生しているのはこの惑星のみ。プラグスラッグ、パクー、パフがいるのもこの惑星のみ。

間欠泉:

  • Frozen Forest Asteroid
    • 森林バイオームから開始する。非常に寒い惑星でバニラにおけるライムに近い。錆バイオームと苛性バイオームに囲まれる。
      テレポーター先はThe Badlands Asteroid。
      苛性バイオームは気温が低いためドレッコはいない。
      雪水間欠泉があるため水の確保ができる。
      他に塩素噴出孔、潰れた人工衛星が存在する。
      シオカズラとノッシュ豆が自生するのはこの惑星のみ。

間欠泉:

  • The Badlands Asteroid
    • 砂岩バイオームから開始する。バニラにおけるバッドランドに近い。苛性バイオームに囲まれ、下層に油質バイオームがある。
      テレポーター先がRadioactive Ocean Asteroid。
      蒸気噴出孔があるため水源の確保はできる。
      原油だまりから原油の入手ができる。
      原油が手に入るのはこの惑星のみで、スリックスター、ドレッコが生息するのもこの惑星のみ。バームリリーが自生するのもこの惑星のみ。

間欠泉:

  • Flipped Asteroid
    • 砂岩バイオームから開始する。 他惑星に比べて開始位置はより地中深くになる。
      荒地バイオームと寒冷バイオームに囲まれている。
      テレポーター先がThe Badlands Asteroid。
      表層付近がマグマバイオームに覆われているため下から掘り進めるのは困難だが、一ヶ所だけ縦に掘り進める固体の道が生成されるので、そこを通れれば地表に出られる。
      ただしこの道は、上側は地表に確実に繋がっているが下側の接続は確定ではなく、マグマバイオームの途中で道が途切れている場合もままある。
      水系の間欠泉が確定ではなく、ワープ先にも蒸気噴出孔1個のみが確定で、さらに当惑星もワープ先も液体の水は初期位置のバイオームに限られる(氷や汚染氷はある程度ある)。
      その上、汚染水の錬成に便利なアーバーツリーも初期2惑星にはなく、宇宙進出が遅れると水供給が厳しくなる。
      液化硫黄間欠泉が存在する。
      グラブフルーツが自生するのはこの惑星のみ。スウィートルが生息するのもこの惑星のみ。

間欠泉:

  • Radioactive Ocean Asteroid
    • 森林バイオームから開始する。バニラにおけるオセアニアに近い。海洋バイオームに囲まれており、下層に放射性バイオームがある。
      テレポーター先がFlipped Asteroid。
      グラビタス社のオフィスがある。
      塩水間欠泉が確定、他にも2つ水系の間欠泉または噴出孔が確定と、水に困ることはない惑星。
      一方で金属原石は森林バイオームのアルミニウムしか存在せず、不足しがち。
      宇宙からの放射線量が多く設定されており、放射線障害には注意が必要。
      ポークシェルが生息するのはこの惑星のみで、水草が自生するのもこの惑星のみ。

間欠泉:

2番目以降の惑星と移動方法

  • テレポーター先の惑星
    • テレポーターで無条件に相互の行き来が可能だが、テレポーターの再チャージには5サイクル必要。
    • 複製人間用のテレポーターは無条件で利用可能なのだが、物資を送受信する方のテレポーターは起動に研究スキル上側2番目のスキルが必要なので要注意。 これがないと向こうに行っても何も持って帰ってこれない。
    • テレポート先には2万カロリー程度の食料とそこそこのオキシライトがあるので、しばらくはトイレさえ作れば生存できる。
      • ただし食料から得ていた士気は当然得られなくなるし、食堂などの部屋からの士気も最初は得られないので、スキルをリセットして要求士気を下げてから飛んだほうが安全かもしれない。
    • テレポート先には(惑星特性の"Frozen Friend"の有無に関わらず)必ず冷凍保存された複製人間がおり、好きなタイミングで解凍して仲間に加えることができる。
      • この複製人間のステータスは解凍した瞬間に決まるため、セーブ&ロードである程度の厳選が可能。

  • 宇宙外縁部の惑星
    • 寒冷バイオームのみの惑星、実験体52Bのある惑星、ぷすぷすモーのいる惑星、水に覆われた惑星、マグマが占める惑星、隕石が降る表土に覆われた惑星などがある。
      • 寒冷バイオームのみ(下層1/3は氷のみで、バニラの氷結核に近い)、鉄火山がいくつかある惑星
      • ヘドロと苛性バイオーム、下層はマグマで、タングステン火山がいくつかある惑星(このヘドロバイオームの隠された空間に実験体52Bが存在する)
      • 惑星の大半が水に満たされ、下層に少量のグラファイトが埋蔵された惑星
      • ほぼマグマのみで、わずかにニオブとニオブ火山がある惑星
      • DLCでも隕石が降る惑星で、ぐりぐりネズミが生息する惑星

  • 遠方の惑星以降への行き来に関して
    • 観測望遠鏡は3マスの距離までしか調査できないため、ロケットで宇宙空間から観測望遠鏡で調査する必要がある。
      ロケットは、離着陸時にそれぞれ1マス分の燃料を消費するため、出発する惑星に隣接するマスを1と考え、そこから目標惑星に隣接するマスの到達時にさらに1マス分の燃料がなければ着陸することができない。
      例として、二酸化炭素エンジンロケットの航行距離は最大で6マスであるが、往復して離着陸することを考えると、出発する惑星に隣接するマスから2マスまでの距離の惑星までしか安全に往復することはできない。
      比較的序盤から使えるロケットエンジンとして、二酸化炭素エンジンとシュガーエンジンがあるが、二酸化炭素ロケットの方が酸化剤が不要な点で優れている。
      もっとも二酸化炭素エンジンは、高さ制限が10と低く、建設したいモジュールに制限がかかる。ちなみに、シュガーエンジンロケットの高さ制限は16。
    • 宇宙外縁部の惑星は居住性の悪い惑星が多く、ロケットの開拓者モジュールを利用して裸一貫で複製人間を着陸させると酸素すら満足に吸えず数分で死亡する可能性すらある。
      まともに惑星を開拓していくためには、ロケット発射台(精錬金属800kg)の建設や星間ランチャーによる物資の移動が必要となる。
      ロケット発射台を建設する手段として、降下ポッドを解体した際に得られる精錬金属400kgと同じ精錬金属をあらかじめ用意し、800圓寮栽6眤阿鰺儖佞垢襪海箸できればロケット発射台を建設することができる。
      その建設したロケット発射台に隣接したロケットを着陸させれば、ロケット内で生活しながら開拓したり、あるいは帰還することができる。
      • 先遣隊モジュール2つで2人降下し両方解体する事ですぐロケット発射台を建設可能。ロケット発射台さえ建設出来れば目的地まで乗ってきたロケットもオートパイロットで着陸させられる為、一時的に乗組員不在の状態になっても問題無い。着陸予定のロケットの高さ制限に引っかからない位置に建てないと降りられないのにも注意。酸素、食料の心配のある星の場合はスーツを装着して降下する必要があり、乗組員モジュール(ノーズコーン)の出口にスーツ着脱所を設置しておき、先頭にスーツをセットして一人ずつ順番に降下させるように。降りてまともに作業出来ずに寝てしまう事が無いようスケジュールの管理も怠らないようにしたい。
      • 宇宙外縁部の惑星は10マス以上の移動が可能なロケットを用意できなければ往復することができないため、石油エンジン以降のロケットを用意しなければならない。
    • 外縁部にある水に満たされた惑星ではグラファイトが入手可能で、そのグラファイトからフラーレンを分子合成機で作ることができる。
    • 外縁部にある表層がヘドロバイオームの惑星には実験体52B(設備扱い)がおり、この実験体52Bに食糧を与えることでイソレジンの前駆体であるレジンが入手可能になる。
      • レジンの入手のためには大量の食糧を実験体52Bに与えなければならず、食料を近くに置けば勝手に食料をとっていくのだが、近づいてきた動物や複製人間に攻撃を加えるなど危険を伴う(しかも動きが気持ち悪い)。
      • レジンを125℃以上に加熱すると、75%が蒸気となり25%がイソレジンとなる。イソレジンは200℃以上にまで加熱するとナフサに変異するので注意。
    • 外縁部にある表層がマグマの惑星にはわずかなニオブの鉱脈とニオブ火山があり、ニオブを入手可能。
    • 外縁部にある表土惑星は蒸気間欠泉こそあるが隕石が降り注ぐ過酷な環境だ。だがカレーのために命をかけることになるだろう。

  • 宇宙に点在する資源に関して
    21.6頃に実装された要素で、宇宙空間に採集可能な小惑星群
    • ロケットの先端をドリルコーンにし、そこにダイアモンドを搭載して、ロケットを小惑星群に到達させる。
      すると、ドリルコーンがダイアモンドを消費しながら、小惑星群に存在する物質の採集を開始する。
      その際、採集する物質の形状に合わせた貨物モジュールをロケットに搭載しなければならない。
      採集した物質は、ロケット発射台に物質の形状に応じたロケットポートを隣接させ、そのポートを通じて貨物モジュールから搬出する(貨物モジュールを破壊すれば強制的に排出される)。
      • 時間経過で物質量は回復する。 いわゆる宇宙素材の3元素のうち、フラーレンのみどこかの小惑星群に存在する。

バイオーム

Wasteland Biome

荒地バイオーム。砂岩、火成岩、苦鉄岩、銅鉱石、砂があるバイオーム。
独自資源として硫黄とスクロースがあり、新動物のスウィートルや新植物のひょろひょろグラブフルーツの木、ブリスバーストがある。
  • バニラでは使い道のなかった硫黄が、スウィートルのエサ、ひょろひょろグラブフルーツの木の肥料に使えるようになった。
  • 隕石がなくなったDLCにおいて砂は貴重な資源。

Swampy Biome

沼地バイオーム。堆積岩、汚染土、リン鉱石等があり、 新素材の泥、汚泥、コバルト鉱石もある。
動物はパクーに加えて新動物のプラグスラッグがいる。新植物のメロマロ、ドロバケツ、ヌマビーツがある。
  • 初期から大量の汚染土や汚染水があるため汚染酸素が充満する。汚染酸素には呼吸デバフがかかる。
  • 泥、汚泥は砂と同じく崩落するので掘削時は注意。
  • プラグスラッグは金属鉱石をエサとする動物で、金属鉱石の入手が限られる現状では資源の残量には注意。

Radioactive Biome

放射能バイオーム。氷、液体塩素、漂白石等で構成され、新鉱石のウラン鉱石が存在する。緑色が特徴的。
新動物であるビータがいる。植物は新植物のアシモミ、ケモノジゴクがある。
  • 初期状態での気温は約-40℃。
  • 液体塩素が厄介者で、少し温度が上がっただけで(-34.6℃)気化し、バイオーム内に高圧の塩素が充満し始める。
    何も考えずに掘り進めると、バイオーム外まで塩素まみれになるのでエアロック等の対策は必須。

Metallic Biome

金属質バイオーム。金アマルガム、アルミニウム原石、石炭、火成岩などから構成されるバイオーム。
ボーナスステージと言ってもよい。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!